Hoterの日記

日々の徒然を気ままに記録しています

SIDASインソール

作成してきましたよ、SIDASカスタムインソール

スキーブーツ用に作成した以降、10年ぶりくらいですか?

改めて自転車用のSIDASインソール作成できるところを検索してみるに、名古屋市内では皆無なのです

最近は、自転車屋さんでも既製品のインソールをたくさん扱っていて、それで用が足りてる?フルオーダーまでは必要ないというスタンスでしょうか

 

プレミアム・カスタムフィット

バキュームマシンによる高い精度のフィッティングを実現した熱成形サービスです。足裏の状態をチェック、医療分野由来の専用マシンでインソールを加圧しながら加熱、驚異的な伸縮率を誇るシリコンを使ったバキューム(吸引)マシンで忠実に足裏形状を再現しフィッティングします

 

 

 

 

このバキュームマシンを設置しているお店が県内に数店舗しかなく、

圏内でなら一社のアルペン マウンテンズ一社かウィンター501名古屋本店

過去にオーダーしたことのあったウィンター501にまず電話して予約して行ってみた

ちなみにウィンター501は、さらに上級のプレミアムプラス・カスタムフィット対応のお店

 

てっきりバイク用としては、バイクプラス(BIKE+)

 

 

 

を熱成型していくもんだと思っていましたが、ウィンター501ではそうではなく

まっさらのベースにパーツをくっつけて新たにインソールを作成する仕様らしい

従って特定のスポーツ用のインソールではないらしい

そっちのほうが完璧に脚型に合わせられるだろうから、ここでお願いした

 

 

私の希望は、脚先から踵までフラットに踏める(荷重を分散できる)こと

それで脚の前後の筋肉を満遍なく使えるようにすること

それにはやはりカスタムインソールしかない、、、と考えた

 

 

事前の脚型測定によれば、脚底長245ミリ、脚底幅左102ミリ。右100ミリらしい

右脚が少々外側に湾曲傾向がある

 

 

10年ほど前に作成してもらった店舗ではないが(すぐ近くに移転していた)、当時の店主さんもまだ現役で、覚えてはいないが流石に懐かしい

以前より高精度なバキュームマシンにて足型を取り、インソールを成型

わりと完成までは早くて、まだお店のクローズまで時間もあったことで、持参したバイクで10分ほど実走してみた

履き初めはインソールのボリューム感を感じて脚が痛くなるかと心配していたが、暫くすれば慣れてきたのか気にならず、

自然に前後の筋肉を使えるような気はした、ファーストインプレッションは合格

インソールに少々の反発力があるようでバネ感を感じる。

勧められた右脚のカント調整は慎重にやっていきたいが、ウェッジを作成してもらったので試してみよう。確かにウェッジ有りだと膝の軌跡が真っすぐになるのは分かったが、長く乗って膝への負担はどうなのかはバネ感も含めて今後の検証に。

 

blob:null/da3d52ed-112a-4ba9-bf9c-05676a98d360

f:id:Hoter:20200709093502p:plain

 

 

blob:null/8899d54a-4bbc-481f-b68d-6be468b3f47dblob:null/8899d54a-4bbc-481f-b68d-6be468b3f47d

f:id:Hoter:20200709094334p:plain

 

 

blob:null/bc7dd74c-09fb-41f8-bf0a-d3eac7b4618a

f:id:Hoter:20200709094432p:plain

 

 

 

ここだけの話、もう一件検討していたアルペンマウンテンズ一社にもこのあと覗きに行ってみた。専門性から言えばウィンター501のほうが上かな?でもどちらの店舗にせよバイク用のインソールのノウハウがあるワケではなさそうです。

高価ではあるけれど、ソールスターインソールほどの価格でカスタムインソールが作成できると思えば、もっとカスタムインソールがバイク業界にも浸透してもおかしくないんじゃないかと思うけど?

作成に必要な器具や技術は大変だけど。

 

 

 

 

リスフラン関節症?

初めて聞いた(世間に疎い)症名だけど、

近いうちに病院に行ってみよう

1ヶ月ほど悩まされている左足甲の症状について

タコかと思いきや、これは骨が隆起しているみたいです

Fizikシューズを履くと、ちょうど縫製の部分が当たっていたせいかと思っていたけど、

もしかしたら違ってたのかもしれない

シューズによっては履き続けると痛みを感じている

 

脚の裏アーチが崩れているような?

ソールスターインソールは今の自分には合わなくなってきたのかもしれない

パワーが落ちてもしっかりとアーチを支えてくれるインソールも検討すべきか

 

 

バイクは低調気味

ハンドルでも再度交換してみよう

昨年の11月以降の調子が良かった時のポジションに戻してみよう

もっともフレームが既に異なりますが

ハンドルの位置はそこに立ち返ってみる

 

 

てことで、とりあえずのポジションはコレで

ブラケット~サドル先端までの距離がわりとある(720ミリ)んだけど、遠い気はしない

ステムはPRO 130ミリ -10度

ハンドルはまだ下げたい気もするけど、既にベタ付きで不可

水平ステムは使いたくない

サドル高 728ミリ(2ミリ下げた)

サドル高~ハンドル高 80ミリ

 

f:id:Hoter:20200708091629p:plain

 

 

そもそも久しぶりのシマノRC9+ソールスターの調子の悪さに驚いた、回す気がしないほど

ノーマルインナーソールのほうがよほどマシなのは何故?

RC9に+ソールスターの組み合わせは今後使用しない

 

 

JBCF東日本まで3週間も切って、まあハッキリ言ってどうしようもない

DNSが無難な気もするな今

GW初日(明日からは仕事)

29日はお休みとして、朝練するつもりもあったけど、

Xeliusのサドル無い問題に対応させたヤフオクの落札品がいまだ届かず

Zwiftでもやればいいところを、こんな天気の良い日にローラーなんてやってられない

ってことで、パンケーキでも焼いて食べる

CTLはまたまたガタ落ちなんだけど

 

15時にようやくサドルが到着したので、早速に試しに近くまで軽く走ってきた

中古品だけど、ほぼ新品同様のようでサドル表皮がまだ滑りやすい

今までのはかなりヘタっていたようで、サドル角度が結構異なっていた

出力かけても土台がしっかりとしているのはいい

 

ボントレガーのサドルはもう止めようと思っていたけど、またサドル探しの旅に出るのは大変なこと

Serano RXLは既に廃番ながら、マイナーチェンジのSerano Proが比較的安く手に入ったので再度コレでいってみる

 

 

現状、サドル高735ミリ

後退幅65ミリ 

 

とにかく上死点を確認しながら乗る

 

 

 

 

久しぶりに来たんだっけ、こんなにレンゲを咲かせていたのは知らなかった

 

 

LAPIERRE

こんなご時世ですが、バイクを新しくしました。

やはり自分にはフレンチブランドが性に合う、、、

と言うことで、6台振りのLapierreに回帰

最初に購入したカーボンフレームがLapierreだったなあ

 

blob:null/17e0e214-ab14-4746-b1cf-992c044a283b

f:id:Hoter:20200331175504p:plain

Lapierre Xelius sl

 

基本的にはOltre XR4から完全移植

シートポストだけは付属品なし。27.2丸パイプなんて何年も使ったことが無かったから手元になくて、購入することになった。

高価なので迷ったが、イーストンのシートポストの調整機構が秀逸だったのでこれに決めた。思った通りにとても簡単に、確実にサドル位置・角度を固定できる。

 

4時間ほど走ってみた感想は、バイクを変えても特に速くはならない

ポジティブには、振動吸収性はかなり高い。この独特の弓型の形状が利いているのか。

XR4に比べて下りが何だか怖くなくなった。

軽量バイクでもなく、エアロでもなく、完全にバランス型で、左右の振り時に芯が出ていて気持ちが良い。

画像の仕様(カーボンクリンチャーホイール)で、7.1㎏ぐらい

 

日曜雨

久しぶりに日曜日雨のために、午前中ゆっくりと過ごす

何もしなかっただけなんだが

昨日のダメージがそれほどあるワケではないんで、Zwiftでもやればいいと思う

小雨なので外走れないことは無かったが、、、走っているヒトもいるようでなかなか真似できない

 

夕方には雨もあがったので、1時間ちょっとだけ外へ

今日はSKYLON+シマノシューズ

やはりこの組み合わせのほうが踏める気がする

と言うか踏んでても気持ちがいい

ただ何を踏んだのか、後輪がチューブレスのくせにスローパンクしてしまったので、

それ以上は練習せずに空気を入れながら帰ってきた

 

平古坂(仮称)とか踏めてるんじゃない?って思ったけど、わりと出力・タイムが出てなくて、

かなり感覚と違うかもしれない(2分程度の坂なのにベストには30秒ほど遅かった)

 

TSSもまるで稼ぐことなく帰宅して終了

中村練

今日も中村チャンプ練

コースも先週と同じ

ただ関西からイナーメの兼松さんが参加

揖斐川堤防上では2班に分かれたけど、微妙な風向きと水野君先頭時の牽きに少し苦労する

まだローテには加わっている

 

1つにまとまってからは、特に兼松さんの牽きが強くて自身も本気モードへ

でもまだイケると思ってたんだけど、ちょっとした登り箇所で独りだけで遅れるようになり、着き位置へ

最大の懸案事項の薄墨桜裏坂(R418)手前で完全にツキイチで、このままいけば確実に千切れるだろう

しかし今日は待機日なのでかかってきた電話には出なくてはいけないところ、電話がかかってくる。仕方がないので停車してここで皆さんとはお別れ

結局電話は何でもなく、しかし皆とも離れたので、独りで少しショートカットした今日の予定コースを辿るもまったく踏めなくなっていた。

たぶん後ろから来るだろうことは間違いなかったので、早めに揖斐川を戻りつつも独りで1時間はツラいし、出力も出ないし。

堤防終わりでちょうど追い付かれたので一緒に帰ってきた。

 

とにかく登りがまったく登れなかった日

190㎞ほど走ったけど、強くなる要素がないな。

なんだかXR4に跳ね返されている。

 

夕方からカトサイ行って、新車を物色

スペシャライズドへの関心はある程度失せた

ちょうどscott addict rcの納車をAsoプロがしていたのを見て、それが気になって仕方がない。

ローラー

なぜか23時過ぎに動き出したくなる

ここからローラーをすると寝るのは1時30分くらいになるが

前日のクリート位置の具合は、右脚だけはちょっと違和感が出てくる

利き足だから踏みに行っているんだろう

 

The Surferfestアプリでおよそ1時間のメニュー

1分 L5のインターバルより、その後の5,6分のL4のほうが辛く感じるのは何故だ

そこそこ辛いわりにTSS75くらいしか無かった

 

最近はディスクロードの組み立て方を研究中

とくにはディスクブレーキのセッティングについてで、それも概ね理解してきたのでイケそうな気がする

足りないのは肝心の予算ね